女性を知ることができる:アクアマリン

ーコンテンツー

歴史に登場するアクアマリン

ギリシャ神話とアクアマリン

アクアマリンと女性

アクアマリンの価値

 

【歴史に登場するアクアマリン】

フランス革命の主役ともいわれるマリーアントワネットがこよなく愛した宝石の1つと数えられるのが実は、ダイヤモンドとこのアクアマリンといわれています。アクアマリンは、ベリル系の鉱石でとても古くから宝石として愛用されていたものの1つになります。それこそ、ダイヤモンドとの相性も良く、夜の光の下でキラキラと光る様子はとても舞踏会でもひと際人の目を引く宝石として重宝されていたようです。

 

 

 

 

【ギリシャ神話とアクアマリン】

アクアマリンは、その名の通り『アクア』=水、『マリン』=海が関係するギリシャ神話などが存在しています。海の妖精が浜に打ち上げられることによりできた宝石という伝承があるくらい海とのかかわりのある宝石といわれています。また、その名の通り水に関することにおいてのお守りのパワーストーンとしても一部知られいます。海の職業(漁師など)の方に対しては、お守りとしても有名です。

 

【アクアマリンと女性】

 

アクアマリンの宝石の意味の中に『女性の美しさ』というものがあります。水色の色意味や透明感からこのような宝石の意味合いができてきているのかもしれません。実際若返るという意味もパワーストーンとしてのアクアマリンを調べても出てきます。また、水色の色意味からでしょうか、心を平穏にさせて穏やかにするアクアマリンという意味も兼ね備えています。この優しい色合いから『清らかさと癒し』を提供することのできるパワーストーンとしても代表格の宝石になります。

特に女性に特化した意味を多く持つアクアマリンは、どのような女性が身に着けてもいいかもしれない宝石として紹介されいることが多くあります。

 

【アクアマリンの価値】

アクアマリンは、その宝石の色によりかなりの価格の差がはっきりと出る宝石。 一番有名な鉱山としては、サンタマリア鉱山(ブラジル)で採掘されるアクアマリンは最高級とされています。その理由としては、ブルーの色がとても濃いことがあげられます。現在では、この鉱山は、閉山してしまっていることがあるのでサンタマリア王山と同等の色味を持つアクアマリンという意味で『サンタマリア・アクアマリン』といわれる宝石が現存しています。確かに『サンタマリア・アクアマリン』と称されているアクアマリンは、ほかのものに比べてとても濃い青をしているためジュエリーに仕立てたときにとても美しい青色を放つ宝石の1つとして数えていいものだと思います。サファイアのブルーよりも濃くなくブルーを楽しんで作れる色合いの宝石です。

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事